財布はお金にとって家

ついこの間、3年使っていた財布を新しいものに変えました。
合皮の安い財布だったんですが、もう3年も使っているんで皮が剥げてきてしまっていて、そろそろ限界だろうってことで購入に至りました。

そういえば財布って本当は1年ごとに新しいものにしたほうが良いんですってね。Drコパか誰かがそう言っていたような気がします。
何でも、財布はお金にとって家だから、綺麗にしておかないと=綺麗な状態でないと、お金が嫌がって逃げていってしまうそうです。
それが浪費に繋がるんだとかで。
うーん、確かに家は綺麗なほうが良いですよね。こんなこと有り得ませんけど、私がもしお金だとしたら、そりゃ汚い財布よりかは綺麗な財布のほうが良いですもん。
気持ちは分かる。
しかし1年ごとに変えていたらどんどん財布ばっか溜まってっちゃいますよね。できれば変えたいんですがそんな余裕もないってことで、3年をめどにいつも財布を新調してます。
前のはオレンジ色だったんですが、風水的にオレンジって浪費をイメージさせるそうです。色ごとにイメージというか、メッセージが込められているなんて知りませんでした。
あとは実は黄色なんかも浪費ぐせがつきやすいとかです。
一番良いのは白・黒・金色だそうです。白と金はお金が入ってくる・溜まりやすいそうで、黒は堅実なお金の使い方ができるそうです。
なので今回のお財布は白と金色が使われたものにしました。あとお札は折らないようにしたほうが良いとのことで、長財布にしました。
また3年は使うつもりです。